Twitterで援交はできるの?Twitter援交の特徴やメリットデメリット・リスクを解説!

Twitterで援交募集

世界中の老若問わずに利用されているTwitterは、無料で利用でき、気軽にアカウントを作れて、ネット上で不特定多数と繋がることができ、Twitterを利用したビジネスも展開されているほどです。
そんなプライベートでもビジネスでも利用できるTwitterを援交目的で利用するユーザーもいます。

「Twitterで援交なんてどんな風にできるのだろう?」
「Twitterで援交するメリットが知りたい!」

と、Twitterで援交ができることを初めて知った方は思いますよね。

そこで、この記事ではTwitterでの援交の特徴からTwitterで援交するメリットデメリット、またTwitterで援交するリスクといった気になる内容をまとめてみました。

目次

Twitterで援交はできるの?

冒頭でも触れたように、Twitterで援交することはできます。

編集部
しかも、最近では援交する人自体も増えてきているんですよ

では一体どのようにして援交しているのかというと、援交をにおわせる一文を「ツイート」しているので、例をご覧いただきましょう。

援交女子
20代前半の女性です。ホ別5でお願いします。ゴムありならおっけー。リプ、DMくださいな!
援交女子
親と大喧嘩して家出中です。誰か泊めてください。年下の人、出張中の人、大歓迎です。
援交女子
2万円とホテル代で援助してくれる方はいらっしゃいませんか?ゴムありでお願いします。できれば今日がいいです。
援交女子
15歳のJCです。身長166㎝で、やせ型。ゴムありなら1万円、ゴム無しなら2.5万円???

誰がどう見ても明らかに「援交」とわかるような文章ですが、もちろん「援交」と言ったダイレクトな表現は使わないのがポイント。
逆に男性側が女性の援交をTwitterで求めていることもありますので見ていきましょう。

サポ男子
大阪で今日募集している女の子はいませんか?
サポ男子
明日都内で夕方から時間ある子募集してまーす!希望があったら教えてね。

女性側よりも援交感は薄く、援交なのかただの友達探しなのかわからない文章ですよね。
しかし、Twitterにはハッシュタグが使えられます。
このハッシュタグが肝心なのです。
ただし、Twitterを利用した援交では「援交」のハッシュタグを利用することはできません。
では、一体どんなハッシュタグを使ってTwitterで援交することができるのかは次項で詳しく解説していきます。

「援交」のハッシュタグは使えない!じゃあどうする?

Twitterでの援交には「援交」の言葉を堂々と利用することはできません。

編集部
『援交』の言葉を使った瞬間にTwitterアカウントが凍結したり、警察のお世話になる可能性もあるので絶対に利用してはいけませんよ!

他にも、「援助交際」や「円光」などのワードは規約違反で書き込めないようになっていますのでご注意ください。

では、「援交」ハッシュタグに換わる援交目的の際によく利用されるハッシュタグの例を見ていきましょう。

#援交募集/#援助募集/#援募集/#円募集/#縁募集/#円希望

Twitterをチェックしてみるとわかりますが、ダイレクトに「援交募集」と書いているツイートも少なくありませんが、「援助募集」や「援募集」と少しぼかしたニュアンスで表現していることもあります。
しかし、さらにぼかして「援」を「円」や「縁」と書き換えてハッシュタグをつけている女性も多いです。

#円

PCなどで「えんこう」と入力すると、いくつか予測変換が出てくるのですが、最初の方に出てくるのが「円光」です。
そのため、「援交」ではなく、「円光」の頭文字をとって「円」と表現されることもあります。

#援垢

裏アカウントのことを「裏垢」と表現されることが多いですよね。
援助交際用のアカウントを意味する「援垢」もハッシュタグとして利用されています。

#サポート/#サポ

(お金が無いから)援助してほしい、つまり、サポートしてほしいを意味する「サポート」、もしくは略して「サポ」も援交とはバレにくいけど利用者にはわかりやすいハッシュタグとしておなじみです。

#ホ別/#ゴム/#生外/#生中/#東京

ハッシュタグに援交を意味する言葉ではなく、援交の条件をアピールする女性も少なくありません。
「ホ別」はホテル代別途の意味。
つまり、援助代とホテル代を払ってほしいということです。
「ゴム」はゴムありでの行為希望、「生外」は外だしならOK、「生中」は料金や交渉次第では中出しもOKという意味になります。
また、会いたい場所を示す「東京」や「大阪」などと地名を入れることも多いです。

#パパ活/#P活

最近、パパ活という言葉もよく聞かれますよね。
基本的にパパ活は体の関係はありません。
実は、援交を求めている男性の中には体の関係を求めていない方もいます。
主に女子中学生や女子高生の若くてかわいらしい女子や容姿が優れている子が、おじさん世代の男性へ向けてツイートする際に「パパ活」や「P活」とハッシュタグをつけていることが多いです。
体の関係はないのですが、一般の援交希望よりも値段が高めに設定されていることもあり、相場は5万円となっています。

Twitterでの援交の4つの特徴をチェック!

Twitterでの援交は警察が取り締まるほど拡大している状況です。
また、利用者も出会い系アプリや援交サイトにも負けないほど多くなっています。
そんなTwitterでの援交の4つの特徴について見ていきましょう。

女性にとってTwitter援交はかなり有利

出会い系アプリやサイトの場合、基本的に男性は有料です。
しかし、Twitterは誰もが無料で利用できますから、男性にとっては無料で利用できてメッセージも遅れるTwitterは利用しやすいですよね。
そのため、援交を提供する女性の数よりも援交目的の援交の方が多いため、女性はとても有利な状況です。
特に、容姿が優れている女性は奪い合いとなります。
一方の男性ユーザーはというと、出会い系アプリやサイトも一般的には男性ユーザーの方が多いのですが、Twitterで気になる女性と出会うのは競争率がさらにアップすると言えます。

Twitterは援デリ業者が多く存在する

「援デリ」とは無許可デリヘルのことです。
出会い系アプリやサイトにも業者の存在は多いのですが、Twitterはダントツで援デリが多いと言えるでしょう。

編集部
援デリか一般の女性かを判断するためにも援デリ特徴を押さえておきましょう。

  • 写真とは全く異なる女性が登場する
  • セックスが事務的で短時間で終わる
  • 1日に何人も男性をさばいている

要は、会ってみなければ援デリ業者のツイートだと判断できないということです。
しかし、利用者にしてみれば、業者を利用したいなら最初から利用していますから、Twitterでわざわざ援交相手を探すのは素人とセックスしたいからですよね。

そのため、Twitterで援交相手探しをしている男性は援デリ業者を好みません。
援デリ業者にあたってしまった場合は「ハズレ」と思うしかないのですが、Twitterで援交する際には「ハズレ」てしまう可能性が高いと言えます。

Twitterでの援交価格は高め

Twitterの援交相場は本番セックスで2~3万円とされています。
基本的にホテル代や交通費は男性餅となるため、最低でも2.5~3.5万円ぐらい用意しておかないといけません。
一方、最近主流の出会いの媒体である出会い系アプリやサイトでの援交相場は1.5万~2万円+ホテル代です。
2つを比較すると、Twitterでの援交の方が出会い系アプリやサイトよりも価格は高めだと言えます。
アプリやサイト代を考えれば安いのかもしれませんが、行為自体の料金を考えれば安く素人女性と節句したい人にはTwitterよりも出会い系アプリやサイトの方がお手頃だと言えるのです。

「援交」や「援助交際」と表現することはできない

お伝えしたように、Twitterでは「援交」や「援助交際」と表現することはできないようになっています。
そのため、「援交」や「援助交際」の代わりとなるハッシュタグをつけて援交ツイートであることをアピールするのです。

編集部
しかし、ここでも注意が必要なのです。

「#援交募集/#援募/#円募/#援交/#円光/#援/#円」といったハッシュタグをよく見かけますが、これらの書き込みはほとんどが先ほど伝えた援デリ業者である可能性が高いのです。

Twitterで援交する素人が一番恐れていることは、アカウントが凍結されること。
そのため、明らかに援交であるとわかるようなこうしたハッシュタグを使っているのは素人の援交女性とは出会える可能性は低いです。
また、若い女性を狙っている男性なら「#JK/#JC」といったハッシュタグも魅力的ですね。
しかし、本当にJKやJCだったら彼女たちにとっても未成年であることを公共の場で明かすことはリスクが高すぎます。
そのため、援デリ業者を使いたくないなら「#JK/#JC」といったハッシュタグが付いた援交ツイートにも十分注意しましょう。

編集部
じゃあ、どうやって素人の女性かどうかを見極めるの?となりますよね。そこで利用されているのがツイ援DB の存在なのです!

ツイ援DBについても次項でお届けしていきたいと思います。

ツイ援DB って何?

紹介したように、Twitterには援デリ業者が多く存在するため、Twitterでの援交が援デリ業者に当たる可能性が高いです。
どうしても素人女性と援交したい時に使われているのがツイ援DBですが、どのようなものなのでしょうか。

Twitterの援助交際の口コミを記載する裏サイトがツイ援DBです。
ツイ援DBではTwitterで援交している女性の口コミや援交した人と会った際の感想や満足度などが書かれています。
そのアカウントに飛んでツイートを見たり、フォローしたりフォロワーを見ることも可能です。
援交を求めた側(男性)も援交相手への評価をレーティングしたり、相手のプロフィールに飛ぶこともできます。
満足度がわかるので、会ってみて「イメージと違った」など、「ハズレ」を見分けることができるのも、援交を求める側にとってはメリットだと言えるでしょう。

Twitterで援交するメリットデメリット

Twitterで援交できるのか疑問に思われている方は、今まで他の方法を介して援交してきた方もいるでしょう。
では、一般的な方法と比較しながらTwitterで援交するメリットデメリットを見ていきたいと思います。

メリット デメリット
・無料で利用できる
・情報がシェアしやすい
・レスポンスが早い
・犯罪に巻き込まれることがある
・援交している人を探すのは難しい
・警察の取り締まりが厳しい
・アカウントの永久凍結の可能性
編集部
圧倒的にデメリットの方が多い印象を受けますよね。具体的にメリットデメリットの内容を見ていきましょう!

Twitterで援交するメリット

他の媒体ではなく、Twitterを利用して援交するメリットについてまずは見ていきたいと思います。

無料で利用できる

Twitterで援交する最大のメリットは何といっても無料で援交相手を探せることです。
例えば、出会い系アプリやサイトを使っても援交相手を探すことはできますが、基本的に男性は有料での利用となるので無料で援交相手と出会いませんよね。
ところが、Twitterを利用すれば完全無料で援交相手と出会えるので、断然お得なのです。

情報がシェアしやすい

Twitterは、同じ目的を持ったユーザー同士がフォローしあっているため、援助募集のツイートをした異性を見つけた場合、すぐにリツイートで共有して情報がシェアされます。
複数のユーザーで「協力して」援交相手が探せるので、援交相手は見つかりやすいと言えます。

レスポンスが早い

Twitterは出会い系アプリやサイトとは異なり、基本的にはアカウントを持っていない非登録者であっても公開されているツイートを見ることは可能です。
また、フォロワー数が多ければそれだけツイートも拡散されるのは早いので、レスポンスが早いというメリットがあります。

Twitterで援交するデメリット

Twitterで援交することでいくつかメリットはありましたが、実はTwitterでの援交はデメリットの方が多いのです。
では、デメリットの内容を詳しく見ていきましょう。

犯罪に巻き込まれることがある

前述したように、Twitterに投稿したツイートはアカウントを持っていない非登録者であっても見ることは可能です。

編集部
つまり、不特定多数の人に見られる可能性があり、その中には警察や犯罪集団が含まれていることだって考えられますよね?

特に援交相手を求めている女性側は、顔出しで援交募集をした場合、身バレのリスクがあり、援助交際は言い換えれば売春で犯罪となるため捕まります。
また、男性側に多いのが、未成年と知らずに未成年と援交してしまった時はこんな法律に引っかかってしまいます。

  • 児童売春・児童ポルノ処罰法
  • 児童福祉法
  • 淫行条例
  • 略取・誘拐罪

あなた自身はただ「援交」しているだけと思っていたことが、実は援交相手の女性が未成年で知らず知らずのうちに罪を犯してしまい、こちらも警察のお世話になることに。
このようにTwitterでの援交は援交をする側も求める側も犯罪に巻き込まれてしまうケースは少なくないのです。

援交している素人を探すのは難しい

情報をフォロワー同士でシェアしやすいことがメリットのTwitter援交ですが、たしかに、Twitterで援交している人自体を見つけるのは簡単かもしれませんが、決して「安全な」援交をしている人を見つけるのは簡単ではありません。

堂々と「援交してください」なんて宣言できませんから、紹介したような「隠れハッシュタグ」などを使ってTwitterで援交相手を探しのですが、良いと思った相手が必ずしも安全な援交相手であるとは限りません。

先述したように、援デリ業者の存在が多いため、Twitterだけで素人の女性と出会うことは難しいと言えます。
もちろん、援交自体が売春行為になるので犯罪ですが、少なくとも出会い系アプリやサイトは未成年の登録はできないので未成年犯罪に携わることはありません。

Twitterは未成年者にあたる可能性も高く、よりリスキーで「安全な」援交相手を探すには向いていません。
ただし、紹介した「ツイ援DB」を利用すればある程度は安全な援交ができますが、Twitterで援交を提供する女性たちよりも男性ユーザーの方が圧倒的に多いので、争奪戦は熾烈です。

警察の取り締まりが厳しい

実は、Twitterで援交をする人が増えています。
この背景にはアルバイト先を失ってしまった女子高生たちが自由時間を持て余している、お金の入手先を探していることが挙げられます。
こういった流れを受けて警察がTwitterでの援交を止めるようにと勧告を出し、Twitterでの援交の取り締まりを強化している状況です。
以前からTwitterでの援交はリスキーでしたが、さらにリスクが高くなり、警察にバレてしまう可能性もアップしたと言えます。

アカウントの永久凍結の可能性

警察もTwitterでの援交対策を強化しているのは前述した通りですが、実はTwitter自体も援交対策を取り締まっている状況です。
実際に、援交募集をかけたTwitterユーザーは募集をかけた瞬間にアカウントが永久凍結しています。
Twitterにアカウントを凍結されてしまうと、凍結を解除してもらうために申請を送ったりと、面倒な手続きが必要になります。
さらにアカウントを削除することすらできなくなってしまうので、いわば公開処刑状態。
ただし、Twitterに限らず、SNSは異なるメールアドレスを使えばアカウントを複数所持することは簡単です。
Twitterで援交するなら複数アカウントを持てば対処できるかもしれませんが、警察もTwitterも援交対策を強化しているので、決して複数アカウントをもちながらの募集も安全ではありません。

Twitterで援交している人を探す3つのリスク

メリットデメリットを見ていただいてもお分かりの通り、Twitterで援交するのはとてもリスクが高いです。
実は、犯罪や詐欺に遭うケースもあるので、ここではTwitter援交で起こり得る代表的な3つの詐欺や犯罪例を紹介していきます。

編集部
Twitter援交でよくある3つの詐欺や犯罪例こちら!
  • 美人局
  • Amazonギフト券詐欺
  • 誘導詐欺

それでは、細かい内容を見ていきましょう。

美人局

芸能ニュースでもちょっと前に聞かれた言葉があります。
それが、「美人局」。
簡単に言うと女性を使って脅しや恐喝、詐欺行為をすることです。
この美人局がTwitter援交でもよく行われています。

編集部
Twitter援交行われる美人局の手口を見てみましょう。

まずは援交希望の女性アカウントを作成して、男性とコンタクトを取ります。
コンタクトを男性と会う約束をつけ、実際に男性が女性との待ち合わせ場所に行くと、待ち伏せをしていた他の男性がやってきて、言いがかりをつけられ脅されるパターンが多いです。
ちょっと前までは女性の彼氏・夫を装った脅しが多かったのですが、実際には彼氏や夫ではないため、嘘だとバレる可能性もあります。
そのため、最近では「裁判に発展したくないなら金を払え」といった脅しが増加傾向にあります。

美人局は、待ち合わせ場所に女性もいてそこに男性がやってくるパターンが多いです。
つまり、男女セットで行動していますから、援交で顔を合わせた後に、頻繁に誰かに連絡を取っている女性はかなりあやしいので、「急な用事ができた」といってその場からすぐに離れることをおすすめします。

Amazonギフト券詐欺

通称・アマギフで知られるアマゾンギフトカードは大手オンラインショッピングサイト・Amazonで利用できるギフト券のことで、コンビニなどで購入できます。
いわゆるwebマネーです。
あなたが購入したアマゾンギフト券に書いてあるシリアルコードを相手に伝えれば、相手にギフト券を購入した分の金額を送るのと同じことになります。

Twitterでの援交では女性が「ヤリ逃げ」されることを警戒し、「アマギフで前払い」や「#アマギフ先払い」といった文章をツイートします。
しかし、最近ではこの方法を悪用し、アマギフで支払った(シリアルナンバーを教えた)途端に音信不通となる被害が多発しており、「アマギフ詐欺」と呼ばれているのです。
「Amazonギフト券」、そして、「前払い」や「先に払って」といった言葉があれば「これはアマギフ詐欺だ」と思って、ただちに連絡するのは避けた方が良いでしょう。

誘導詐欺

誘導詐欺とは、Twitter内で知り合った女性とLINE交換をして別の悪質なサイトやアプリに誘導され、最終的に高額料金を請求されるといった詐欺の手口です。
誘導詐欺の具体的な手口は、まず男性に声をかけて連絡を取り合い、「Twitterはもうやめちゃうから別の連絡先で連絡したい」、「今度はこっちで連絡を取りたい」と言って悪質サイトに誘導するのが主なパターンです。
誘導詐欺にひっかかってしまうと、当然有料で、一度登録すると迷惑メールがひっきりなしに届くようになります。
ただし、誘導業者かどうかは比較的簡単に特定することができます。

編集部
誘導業者にはこんな特徴があります。
  • レスが早すぎる
  • メッセージが長文
  • すぐにLINE交換しようとする

誘導業者は誘導することが仕事。
様々な人に同じようなメールを送っていますから、テンプレが用意されています。
返信はテンプレを送るだけなので、即レス。
即レスの割にはメッセージが異様に長く、やたらとLINE交換をせかしてくるのが特徴ですので覚えておきましょう。

出会い系アプリやサイトで安全に「出会おう」!

ここまで読んでいただいてわかるように、Twitterでの援交は求める側も提供する側にとっても非常にリスキーです。
また、援交自体も売春・買春行為なので決しておすすめはできません。
それでも援交をしたいというならば出会い系アプリやサイトを使いましょう。

編集部
援交目的で出会い系アプリやサイトを使うなら次の3つがおすすめです。

いずれの出会い系サイトも18歳以上しか利用できませんので、未成年に対する犯罪にかかわることはありません。
Twitterとは異なり男性は基本的に有料ですが、安全性も高く、紹介したように相場はツイッターでの援交よりも安いです。
キャンペーンなどを利用すればさらに安く利用でき、援交目的の女性と出会うことも難しくありません。

Twitterでの援交はリスクが高い!出会い系アプリやサイトが主流

決して援交はおすすめできませんが、Twitterでの援交は特にリスクが高くおすすめできない行為です。
警察のお世話になってしまう可能性も高いことはこの記事で理解できましたよね。
しかし、出会い系アプリやサイトを利用した援交であればリスクはある程度避けられるので、出会いを求める際には出会い系アプリやサイトを利用するのがベターです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる