福岡の天神で出張に来た女性と援助交際は想像以上の良い時間が過ごせました

福岡の天神で出張に来た女性と援助交際は想像以上の良い時間が過ごせました

援助交際を福岡でと考えつつも、自分には縁遠いと考えてはいないでしょうか。
確かに、非日常的な気持ちになるものの、意外とその縁は近くにあるものです。
生活の中に縁がないという方でも、サイトやアプリを利用することで、その縁が繋がります。
ここでは、そんなアプリを利用した援助交際女性をゲットした男性の声に耳を傾けてみましょう。

目次

何となくアプリを覗いている時に好みの女性を発見しました。

僕は36歳の既婚者です。
家族はいるものの、妻とはセックスレスになって数年。
オナニーで何とか性欲は抑えていたのですが、だんだんと「女性とセックスしたい!」という気持ちが強くなっていきました。

そんな気持ちもあって、出会い系サイト系列のアプリをダウンロードしてみました。
SNSのような感覚で時間が合ったらアクセスをするということをするようになったんです。

そんな時、ふと目に入った1人の女性。
プロフィールによると、26歳の会社員だといいます。
ゆるやかな巻き髪に大きな目、綺麗なネイルがいかにも「今時の女性」という印象。
仕事で博多に来ていて、仕事が終わったら一緒に遊べる方は居ませんか?という言葉が添えてありました。

これだけ見れば援助交際希望という感じはないですよね。
しかし、足し絵に割り切り掲示板に書き込みだったんです。
気になったらすぐにメッセージを入れてみるのがアプリのポイント。
そして、もしだめでもすぐに次に行けるのでとても気楽なんです。

軽い自己紹介とともに自分の写メをいくつか送りました。
1時間もしないうちに女性から連絡がありました。
「メッセージありがとうございます。私なんかでいいんですか?早速ですが、ホ別2でいかがでしょうか」とのこと。
2万円は相場といえばそうなのかもしれません。

しかし、26歳という年齢そして大きな要求をこちらはしておらず、オプションも特になくて2は少し高いかなという印象。
その気持ちをそのまま伝え「1.5でどうでしょう」と送りました。
少しレスポンスまでは時間がかかりましたが、最終的に承諾してくれました。

その日の19時、早速待ち合わせをすることが決まったんです。

土地勘がなくても分かりやすい場所を選びました
既婚だという事で、できればホテルのラウンジで待ち合わせといきたかったのですが、何せ女性は仕事で博多から来た人。
土地勘が全くない様子。
ですので、わかりやすい方が安心なのかと考え、結局僕が選んだのは福岡市の天神にある「パルコ前」でした。

見通しも良く、大きな交差点がすぐ目の前にあるパルコ。
人通りも日夜多いスポットです。
ただ、飲み屋やホテル街も近い天神ですから、福岡での援助交際の軌道としてはバッチリの場所でもあるんですよね。

時間丁度に女性は現れました。
少し下を向いて、小さく微笑みながら「あの、メッセージありがとうございます。よろしくお願いします」と声をかけてきました。

写真で見るよりも小柄で派手な感じは全くありません。

東京から出張に来たんだという女性はかれこれ1週間ほど博多にいるとのことでした。
毎晩、1人でスマホ片手に飲みに行ったり食事に行ったりしていたけれど、寂しくなったとも話していました。
人肌が恋しくなった相手なら、もしかしたら1で交渉したらよかったのかもしれませんね。

「すぐにホテルでオッケーかな?」というと「はい」との返事。
天神から歩いて行けるホテルに向かうこととなりました。

天神はホテルまでのアクセスが抜群でオススメ

歩いてすぐにホテルには着きました。
天神は、ホテルが沢山あるので「今日セックスをする」という時には本当に便利だなと思います。

今回、自分から選んだホテルは「HOTEL XYZ」というところ。
若干のラブホテルらしさはあるものの、雰囲気がゴージャスで清潔感もばっちりなのが選んだ理由の1つ。
そして、もう1つの理由は「料金」にあります。

平日の援助交際だったのですが、3時間で3450円という安さなんです。
援助交際ですから、コスパよく行きたいというのが自分の考え。
ホテル代も安いにこしたことはありません。

部屋は女性に選んでもらってチェックイン。
ソファに座った女性に約束通りの1.5を手渡しました。
無言で受け取った女の子は、「お風呂入れますね」と席を立ちました。

ホテルでの濃密な時間に大満足

「一緒に入ってもいいですよ」という女性。
本当に寂しいと思っていたんだなと感じました。

湯船につかって話したりしているうちに、僕もだんだんと興奮してきました。
身体を洗っている時、彼女の胸を刺激します。
最初は笑っていた女性ですが、顔つきと声が気持ちよさそうに変わっていきます。
そして、自然と僕の股間に手を伸ばしました。

僕にとっては久しぶりのセックス。
このまでは爆発してしまうと思い、風呂を出ました。

ベッドに寝かせて首を舐めながらアソコに手を伸ばします。
下着はつけていませんでした。
そっと指を入れます。
ビクッと身体をさせて声が一気に大きくなりました。

そのまま69へ。
69やフェラってオプションにしている女性もいるみたいですから、お得といえばお得だったかもしれません。

「上に乗ってよ」というと、髪を軽く書き上げながらゆっくりと腰を沈めます。

下から突き上げるように最初はしていたものの、彼女の動きが激しくて。
僕が動かなくても全く問題ないくらいのテクニックでした。
「気持ちいい?」と聞くと「きもちいい」と荒い息の中から聞こえてきます。

女性の腰の動きよりも少し早めに突き上げます。
そのペースに合わせるように動く女性。
ほとんど一緒にイッた気がします。

初めてセックスをする相手と、ここまで濃厚で満足できたという経験はもしかしたら初めてかもしれません。

ホテルで食事をとって軽く話して別れました

食事は天神で何か美味しいものでもとも考えたのですが、やっぱり人目が気になってしまいます。
「ルームサービスでいい?」と聞くと嬉しそうにメニューを見ていたので少し安心しました。

HOTEL XYZは食事メニューもあるししかも安くて味も良いんです。
彼女はえびグラタンとアイス、僕はハンバーグカレーを選びました。

食べている間、少し話をしたんですが日本のあらゆる地域に出張に行くことが多く、アプリを使ってその土地の男性と会うこともあるらしいんです。
だから交渉もスムーズだったし、ホテルにすぐに入ることもそしてこうやってホテルでのご飯でも良いと思えるんだと妙に納得してしまいました。

宿泊先を聞くと、博多駅前の「ホテルアクティブ博多」ということでしたから、そこまでタクシーを回すことにしました。
タクシーの手配はフロントでお願いをして、自分は最初、女性と会った天神パルコで下りました。

タクシー代は前もって女性に渡して、少ししか出ないだろうけどお釣りはあげることに。
それだけなのに、すごく嬉しそうな顔で「ありがとう」といった女性が印象的でした。

僕が先に降りる形となったので「今日はありがとうね、またこっちに来たら連絡でもしてよ」と言ったものの、アプリでのやり取り以外は連絡手段がないのでこれが最後でしょう。

今回は本当に「ラッキー」としか言いようのない女性との援助交際ができました。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる